フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« R1-Zエンジンブローの原因 | トップページ | トランポ整備 »

2009年5月19日 (火)

明日の為に(自分用メモ)

明日の筑波サーキット での走行予約を取っているので走行の課題を考えた。

タイヤの面圧を高めて走ることを意識する。
面圧を高める為に行う事
 ・コーナリングスピードを上げることによりタイヤを押し付ける
 ・ブレーキを引きずってコーナーに侵入してフロントフォークを沈ませる。
 ・面圧を高める為にタイヤをつぶす事を意識する。
 
2次旋回を意識してアクセルを開ける
インに加重をかけている時にアクセルを開けると意外とバイクは曲がっていく
 ・トラクションを意識してアクセルを開ける。

 
【今駄目なところ】
曲がっていける自信がないからスピードを落としすぎる。
スピード落としすぎるから面圧が下がる。
下がるから、グリップしない。
ブリップしないから怖い
って感じでうまく曲がれないのだと思う。
 
 
 
 
と、いくつか書いてみたけど
基本がなっていないという大問題が解消できないと速くはなれないので
気をつけて走ろうと思う。
とりあえず基本ぽいのは以下の4つと思われ
 ・アクセルをストッパーに当たるまで全開にする
 ・ガッツリ、キッチリ ブレーキをかける
 ・正しいフォームを常に取れるようにする
 ・フルバンクまで一息で倒せるようにする。(躊躇しながら倒さない)
 
明日はダラダラ走らないように以上のことを意識しながら走ります
 
 
 
 
 
 
 
遅すぎて回りのライダーに迷惑をかけないようにしないと
A枠にすごく遅いYZF-R6がいたらそれが僕です。

« R1-Zエンジンブローの原因 | トップページ | トランポ整備 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« R1-Zエンジンブローの原因 | トップページ | トランポ整備 »