フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 5/17 ライディングスクール虎の穴  | トップページ | 明日の為に(自分用メモ) »

2009年5月19日 (火)

R1-Zエンジンブローの原因

友人がバイクを預けるので帰りの足になりにバイク屋に行きました。
ついでなのでR1-Zのエンジンブローの原因を聞いてきました。

プラグの熱によりピストンの上部がぼろぼろに焼け、粉状の金属粉になる。
金属粉がピストンリングに付着しシリンダーを焼きつかせる
エンジンロック。
 
という感じだそうです。
なぜそうなったかは複雑に条件が絡み合うのでなんともいえませんが。

Sh380104Sh380098Sh380099
 
 
   
 
  
 
ピストンの無くなった部分はいったいどこに行ったのかどこに行ったのか
気になっていたのですが、謎が解けました。
溶けてピストンリングとくっついてしまっている部分も確認できます。


主なブロー原因はプラグの熱価が低すぎた為のようです。
自分の乗り方、使い方ではノーマルの8番では駄目みたいです。
バイク屋が言うには9番がお勧め10番でも良いかもといわれました。
 
 
次は9番プラグでいこうと思います。もうピストン溶かしたくないです。
修理はシリンダーがまだ内燃屋さんから帰ってこないそうで
まだかかりそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 

帰りに友人のおごりで回転寿司でご飯食べて帰りました。
送迎賃ってことで。
 Sh380105Sh380106Sh380107
 
 
2人で40皿+茶碗蒸し×2+味噌汁×2
食べすぎました。

« 5/17 ライディングスクール虎の穴  | トップページ | 明日の為に(自分用メモ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5/17 ライディングスクール虎の穴  | トップページ | 明日の為に(自分用メモ) »