フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« YZF-R6 タイヤ交換、および現状 | トップページ | 10/25 初めての梨本塾 »

2009年10月22日 (木)

10/21 トミンモーターランド

10月21日
 
 
一月ぶりにトミンに行きました
サーキットもYZF-R6に乗るのも久しぶりです

スプロケットや、バックステップの位置を変えているので
梨本塾に行く前に確かめようと思っていきました。
Sh380432
 
 
 
 

 
 
 
今日のトミンは走行台数は10台くらいでした。
このくらいの台数だと走りやすくていいですね
 
 
少なすぎても、自分のペースを見失ってしまうので
ちょうどいいです。
 
 
時間がもったいないと、ポジションの確認をせずに
走り出してしまったのですが、失敗でした。

バックステップの位置がまるで合ってない。
加重がまったくかけられない。
ヒザスリはできてもひどい無理ひざなうえに
肩に力が入ってしまう。

あんまりひどいので、走り出してすぐにピットイン。
30分かけてバックステップを元の位置に戻しました。
すぐに走り出そうとしましたが、今度はアイドリングしない
どうも気温が低くてインジェクションのセッティングがずれた
ようです。
マフラーをストライカーのフルエキにしたときに
i-conをいれているので調整して事なきをえました
インジェクションコントローラーをいじるのは今回が初だったので
ちょっと怖かったのですが、 かなり簡単にできて
すぐに元に戻せるのでもっと早くやっていれば
良かったです
 
いろいろ直して走行を再開すると、
今度はスプロケットを変えたことによる
ギア比の違いについていけない。 
 
アクセルに対してクイックにバイクが動く感じで
以前より慎重に操作しないと危ないです。
 
 
どうも、フロントサスがだめな気がしたので
いつも緩めているプリロードを一段階硬めにしました。

いままでよりブレーキが安定するし
曲がりやすくなりました。
曲がらないのは硬すぎるからだという先入観が
あったのですがそうではないということが
実体験でわかりました、
これからはもっと積極的にサスセッティングをしたいと思います。
 
 
 
バイクが安定してきたところで、
タイムアタックをしてみました。
 
30秒前半は完全にものになりました。
だけれどこれ以上出せる気がしません。

走り方を悩んでいたら、グースに乗っている方が
アドバイスをくれました。
 
そのあと走ったらタイムが短縮されました
BEST更新です。 
 
Sh380442
 
 
 
 
 
 
29.5秒です。
前回の29.9見たいなほとんど30秒とは違います。
一度だけではなく29秒台を何度か出すことができました。
 

すっごくうれしいです。
なんかレベルアップした気分です。
この感覚を忘れないようにしたいと思います。
 

今日の成果
・29秒台が出せるようになった


・バックステップのポジションはあまり変えないほうがいいことがわかった
ポジションひとつですべてが変わってしまうので慎重に行うべき

・サスは抜けばいいてもんじゃない
やわらかすぎてもダメなのが良くわかった。
 
・ブレーキは遅くても意外と間に合う。
クリッピングまでブレーキをかけながら走る。加速区間が長くなるし
ブレーキも置くに取れる

・突っ込むことも必要
ライディングDVDとかで突っ込みでがんばると曲がれなくなって遅くなると
いっているのを見て早めにブレーキングしていたが、
僕はブレーキが早すぎてうまく減速できていなかった
フロントの加重も逃げ気味になっていたし。
 
 
・2次旋回
ブレーキを奥にして立ち上がりでアクセルを開けると
レールに乗ったようなイメージでバイクが曲がってくときがあるけど
きっとあの感覚が2次旋回?

次はもっとガンバリマス
なんかレベルアップしたような気がする

« YZF-R6 タイヤ交換、および現状 | トップページ | 10/25 初めての梨本塾 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YZF-R6 タイヤ交換、および現状 | トップページ | 10/25 初めての梨本塾 »