フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« YZF-R6  修理点検へ | トップページ | R1-Zの感想的なもの »

2009年12月16日 (水)

12/15 トミンモーターランド R1-Z

YZF-R6が修理中なので
R1-Zでサーキットに行ってきました。


R1z
 
 
 
 
 
 
 
壊れそうなのでR1-Zでのサーキット走行は
控えたいところなのですが
我慢できなくて行ってしまいました。
 
タイヤウォーマーを使いたかったのですが、
タイヤサイズが合わない。
リアアクセルが貫通式では無いから現行の
メンテナンススタンドが使えない。
といった感じなので
今回はタイヤウォーマなしで走りました。
 
 
気温も、路面温度も低かったので、
慎重に走り出しました。 
タイヤはBT090で温度依存度が
高めのタイヤなのでビクビクしながらの
走行です。
 
ウォームアップを10週ほどして
走り出しました。
 
するとどうでしょう。
ステップを擦りまくります。
どうしようもないのでステップについている
バンクセンサーをはずしました。
 
Sh380481
 
 
 
 
 
 
もともと球体だったところが半分
くらいになっていました。
これでバンク角も大丈夫

とおもったら、
 
 
今度はステップ自体を擦り出しました。
左コーナーにいたっては
サイドスタンドを擦っています。
 
Sh380484Sh380485
 
 
 
 
 
 
ステップはともかく、サイドスタンドを擦るのは
かなり怖いです。
頑張って擦らないように走りますが、
やっぱり擦ってしまう。
体のオフセット量を増やして、
擦らないように膝を突き出して走ってみても
やはり擦ってしまう。
 
イロイロ乗り方を工夫したのですが
どれも効果はいまいちで、
結局バンクし過ぎないようにするしかありません。
膝を突き出して、膝があたった瞬間にバンクを
やめるといった走り方になりました。
 

 
こんな調子で走っていると新たな問題が発生しました

走行中にギアがニュートラルに入ってしまう
 
コレはかなり怖いです。
トラクションをかける場面でニュートラルになってしまうと
バイクがまっすぐ進んでしまいます。

足がギアに触れていたとか、
原因があればいいのですが、
全開中、開け始め共に、いきなりギアがニュートラルになります。

あまりにも怖いので、
とりあえずギアオイルの交換をしました。
たまたまトランポにつんであった、モチュールの10W-40Wに交換です
純正のギアオイルの粘度がわからないので不安ですが、
交換してしまいました。
 
 
交換中の写真はとり忘れました。
少し残った泥水のようなオイルの写真と
交換後のオイルの色 

Sh380466Sh380467
 
 
 
 
 
ギアの入り具合は交換前と比べて
格段に良くなりました。
良くなりましたが、やっぱりギアがニュートラルに、
なるのでもうあきらめました。
 
もう適当に走ります。
もうすっごい適当。
2st感が味わえればそれでいいって感じ。
もともと、P-LAPもつけることができなかったので
タイム計っていないので自分が速いか遅いかも
わかりません。
 
後半はてきとーに走って楽しんで帰りました。

こんどちゃんとしたミッションオイルに入れ替えます。
この症状が治るかどうかはわかりませんけどね。


【感想】
R1-Zはやっぱりサーキット向きじゃないのかな?
バンク角はないし、ギア比も微妙。
 
もしかしたら、ギアのトラブルも
バンクしている時間が長くて
ミッションオイルが傾いて下に無いのが
原因かもって考えちゃいました。
 
 
どちらにしてもR1-Zでサーキットを走るのは
やめようかと思いました。
(…サーキット走行後に毎回言っている気がする)
 
R1-Zが一番楽しいのは峠道を流しているときだと思います。
そもそも、ブレーキホースいがいノーマル仕様なので
バイクがサーキットに耐え切れないのだと思いました。
 
R1-Z自体は軽くてパワーがあって
サーキットで乗るのも楽しいんですけどね。
このままじゃ壊れる気がするので
サーキット走行は控えようと思いました。 
 
 
サーキットはやっぱりYZF-R6で走ったほうが
楽しいですね。
バンク角は深いし、車体剛性は高いしで
サーキットを走るには最高です。
パワーがありすぎるて自分に余裕がなくなりますけど。
 
 


 
…最近トミンでしかバイク乗っていないな。

« YZF-R6  修理点検へ | トップページ | R1-Zの感想的なもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YZF-R6  修理点検へ | トップページ | R1-Zの感想的なもの »