フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 12/1 トミンモーターランド | トップページ | 12/15 トミンモーターランド R1-Z »

2009年12月 7日 (月)

YZF-R6  修理点検へ

ろくにメンテナンスをしなくても
頑張って走ってくれたR6でしたが、
とうとう、ガタが出始めたようです。
 
この前バッテリーがあがってしまったので
交換にバイク屋にいくと、
カウルに何かが流れたあとがついています。
 
Sh380456Sh380457
 
 
 
 
 
確認してみると、クーラントぽい感じ。
リザーバータンクを覗いてみると、Loレベルを大きく下回り
空っぽにしか見えない。
アンダーカウル内に水が溜まっていないので圧がかかったときだけ
漏れているみたいです。
 
とりあえず、バイク屋さんにみてもらうと、
オイルも少量漏れているとの事。
 
かなり、テンションダウン。

 
本当は、バッテリー交換後に桶川スポーツランドに行く予定でした。
ずっとトミンしか走っていないから、楽しみにしていたのに
それどころじゃなくなっちゃいました。
 

まあ、今までろくなメンテナンスをしていなかったので
当然の結果なのでしょうがないです。
 
2006年に新車で購入したYZF-R6も4年目になるし
走行距離も18.000キロを超えているしで
ガタがきてもおかしくない。
 
いつまで走れるか解らないけど、愛着があるので
壊れるまで乗るのもありかなと、

初めてヒザスリができたバイク。
初めてのレプリカ
初めてサーキットで転倒したバイク

手放すには思い出がありすぎる。

だけれども本当に壊れた場合、修理より買いなおすほうが
安く上がるのは明白なので、
次のバイクを意識しなければならない時期にきたのかもしれません。
 
 
でも、ここまでやっちまったバイクどこにも売れないだろうなーー。
 
 
 
 
びふぉあー
Ca280050
 
 
 
 
 
 
あふたー
Sh380312
 
 
 
 
 
 
もうあの頃には戻れない。

« 12/1 トミンモーターランド | トップページ | 12/15 トミンモーターランド R1-Z »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12/1 トミンモーターランド | トップページ | 12/15 トミンモーターランド R1-Z »