フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« YZF-R6 修理へ | トップページ | R1-Z_チャンバー交換 »

2010年7月 5日 (月)

7/4 トミンモーターランド

YZF-R6が修理中なのでR1-Zでサーキットに行ってきました。
行き先はいつもどおりのトミンです。

バイクの負担を考えるとやめたほうがいい事はわかっていたけれど
適当に走れば大丈夫かなって思い走ってきました。
午後のみ走行しました。

Sh380971


走行開始直前に到着したので
走行は14時くらいからになってしまいました。
 
【走行】
サスペンションがフニャフニャだったので、
R1-Z唯一のサスペンション調整機構であるプリロードを固めてみました。
フニャフニャどが少し解消されたのでちょっと頑張って走ってみると
ステップを地面に擦ってしまいます。
擦らないように体をオフセットしてみるもののあまり効果なし。
意識がバンク角にとられてしまい、ヘロヘロした感じになってしまいました。


20分ほどで暑さにやられてしまってものすごく疲れたので休憩。
休憩中にR1-Zのプリロードを前後すべて最大に閉めこみました。
 

日差しが少し和らいできたので再度走行開始
涼しくなってきたこともありさっきよりはまともに走れます。
しかし、ステップは相変わらず接触してしまいます。
体をもっと落としてすらないように努力しました。
YZF-R6とは違った意味で疲れました。
疲れたのでまた休憩。


僕の走行を見に来てくれた友人にストップウォッチでタイムを計ってもらったら
32秒から31秒中盤くらいで走れているといわれました。
ベストは31.2ぐらいだったとの事。
もう少し頑張れば30秒台には入れそうです。
 
 
ということで30秒台を目指して再度走行開始。
したのですが、数週でGSX-Rに引っかかってしまって全然タイムがあがらない
僕のほうがタイムは良いみたいなのですが大型バイクのパワーで
ストレートに差がありすぎて抜けません。というかR1-Z遅い

そんなこんなで周回をかさねているとR1-Zの排気音が急に大きくなりました。
パワーは出ている感じだったのでそのまま2週ほどしたのですが、
音が大きくなったり小さくなったりと絶対に何かがおかしいということで
PitInしてバイクを確認してみるとチャンバーのサイレンサー付近が割れていました。
Sh380960Sh380963

前のオーナーが立ちゴケをしてサイレンサーをぶつけたことと、
走行による振動で割れてしまったみたいです。
チャンバー内部がストレート構造で無いので
インナーパーツが引っかかってボキッと折れなかったのが幸いです。
 
どちらにしてもこれでは走れないので今日の走行は終わってしまいました。
 

【タイヤ】
α12に入れ替えました。
いいグリップ力でした。
指定空気圧よりかなり高めの前後2.2キロで今回走行しましたが
ネガな事は発生しませんでした。
Sh380967Sh380969
タイヤのあれもとく無くて安心して走れるタイヤでした。
R1-Zとのマッチングもいいと思います。


 
【感想】
R1-Zは軽いので自由度が高い。
高いけれど車体とサスのクォリティーがあまり高くないので
軽さを生かした走りがしづらい。せめてバンク角があればよかったのに。
 
特にブレーキをかけながらバンクをすると車体が振られるがきつかった
大型バイクのように加速力はないのでコーナリングスピードを稼ぎたいのに
突っ込むとフラフラしてしまうしバンクを深くすればステップをする。
僕にはキビシすぎるバイクです。
まあ、公道走行用に買ったバイクにこんな無茶させている僕が悪いんですけどね。

今回はチャンバーの破損が大問題。
YZF-R6が修理中で乗れるバイクR1-Zしかないのにこのタイミングで
チャンバーが壊れるなんてどうなんでしょう?

オークションで純正をさがすか社外のチャンバーいれるか考え中。


« YZF-R6 修理へ | トップページ | R1-Z_チャンバー交換 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YZF-R6 修理へ | トップページ | R1-Z_チャンバー交換 »