フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« YZF-R6 リアサスペンション オーバーホール | トップページ | 11/25 トミンモーターランド :YZF-R6 »

2010年11月24日 (水)

11/24 筑波サーキット スポーツ走行:YZF-R6

サスペンションのオーバーホールも完了したので
筑波サーキットに行きました。

混んでました。
Sh380545

A3(9:30)とA7(12:30)を走行。


【準備】
2ヘアの後ろに陣取って準備をしました。
Sh380548Sh380546

かっこよく見えるよう努力して撮影。


前回の教訓から、タイヤの空気圧を確認しました。

今日も空気圧は温感で前後2.1にセット。


【一本目(A3 9:30~)】
ウォーマーを使っているのでウォーミングアップランは一周だけ。
とりあえず頑張って走行。
1分8秒台が出ました。
自己ベストには及ばないビミョーなタイムでした。

リアサスのオーバーホール効果かどうかはわかりませんが、妙にバイクが曲がる。
その感覚になれないまま走行したので、旋回に違和感。

サスが良く動くようになったので、プリロードをもう少し締めても良いような気もしますが
走りこまないとわからないと思ったのでとりあえず走行を続けましたが、
10秒から9秒がアベレージタイムで8秒は一回しか出ませんでした。


 
【走行の合間】
ひまだったので、トランポにゴムを両面テープで貼ってました。
ラダーレールをつむときに内側の鉄板をガツガツぶつけていて傷だらけになってしまったので、
保護とごまかしをかねて貼りました。

バイクの整備はまったくしなかった。

【2本目(A7 12:30~)】
お腹がすいてきた頃に走行開始。
転倒車が多めで黄旗が沢山。
救急車も出動。
ペースがうまく上げられずベストが10秒くらい。
あとは速くないバイクに引っかかってめんどくさかったり、怖かったりで
いいとこなしのまま走行終了。

P-LAPを確認すると、47秒とか0.03秒とか訳のわからないタイムを拾っていて
ほとんど計測されていなかった。( ̄▽ ̄)

【感想】
天気が良くてバイクの調子も良かったのにタイムが出なくてガッカリ。

○サスペンションの調子はいい感じ。
 良く曲がるし、不安な要素はない
 やわらか過ぎな印象があるので次回走行時には少し調整する

○筑波サーキット難しい。
 ラインがわからない。
 どこで曲げるかわからない。
 スピードレンジが高い。
 課題だらけでどこから手を着けていいのかわからないッス。
 とりあえずラインの研究から始めます。


問題は多々あるようだけれど楽しかったので良しとします。

【タイヤ:α12】
●前回まで
  フロント :1.5時間 
  リア   :1.5時間

●今日  1.0時間

●合計
  フロント :02.5時間 
  リア   :02.5時間

今日筑波を走って気がついたのですが、タイヤ滑ります。
立ち上がりの加速で速度を乗せていくと、ズルズルと逃げていく感じがします。
もっと丁寧に走らないとダメなのかもしれません。

« YZF-R6 リアサスペンション オーバーホール | トップページ | 11/25 トミンモーターランド :YZF-R6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YZF-R6 リアサスペンション オーバーホール | トップページ | 11/25 トミンモーターランド :YZF-R6 »