フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011/5/4 トミンモーターランド:YZF-R6 (オイル交換実施) | トップページ | 2011/5/13 トミンモーターランド:YZF-R6 »

2011年5月 6日 (金)

2011/5/5 トミンモーターランド:YZF-R6

連続でサーキット。
天気はよくなかった
トミンにつくまでに雨に降られたりやんだりの繰り返し
ついたら意外と天気が良くて安心した
台数は予約の数より少ない気がする。
この天気のせいかな?


Yzfr6Yzfr6_


【今日のテーマ】
タイムは気にしない(むしろ落ちていい)
走り方を考える
とにかく今までと違う走りをする。
 
 
【走行】
○サスセッティング
 リアのプリロードを変えてみる
 何回か試した結果、前回半回転弱めたのを元に戻した。

 セッティングは適当に走ったんじゃわからない
 全力で走らないと挙動の変化は感じられない
 変えたらすぐ走らないと感覚を忘れてしまうのですぐ走る

 細かくやりすぎてタイヤ冷える。
 走行終了間儀は左でこけそうになった
 いきなり曲がらなくなった。びっくりした。


○旋回力が足りてない。
  思ったところで曲がっていかない。
  やり方を考えていかないとダメかも。
 
○バイクの状態を意識してみた。
  無理をしないように意識してみた。
 加重の位置が気になりだした。
 減速と加速の時の加重の移行がスムーズにできていない
 
○減速のしかたが乱暴
 指一本ブレーキの限界を感じる
 指の数を増やせば利きはよくなるけど
 アクセルを開けるときに握力が足らず手が痛くなる。
 繊細なブレーキには指の数を増やす必要があるが、
 アクセルワークのためには指の数減らしたい
 次回走行するときは2本がけブレーキにチャレンジ。
 
○加速の仕方
 加速のときリアへの加重を一気にかけすぎ
 スムーズにしないとテールスライドしそう。
 いちばん最近の転倒原因は加重不足なので注意
 
○視野の取り方
 視野を広く取るように努力を始めた。
 下を見ない、先を見る。
 全体を見る。
  

【感想】
今日もこけなかった
安全に速くを目指して今後もこけない程度に頑張っていく

写真を撮って売る人きてたので買いました。
フォームに変なところあったら誰か教えてください。
001002


ニースライダー色違い、アンバランスな感じが逆にカッコイイかも
Photo
コバプラ、超硬よりノーマルのほうが削れ具合が少ない。
硬いと押し付けてしまうのかな。
コストパフォーマンスもノーマルのほうが良いのでコレからはノーマルで行こうと思いました、


○今日のベストタイム
_yzfr6
27.8秒台、昨日より0.1秒速くなりました。
タイムに無理にこだわらずに出たタイムなので価値が高いと思いました。
今の自分だと危なげなく出すのはこの辺が限界。


【タイヤ:α12】
●前回まで
  フロント :4.5時間 
  リア   :4.5時間

●今日  1.0時間

●合計
  フロント :5.5時間 
  リア   :5.5時間

タイヤの状態を意識しながら走行してみたら
グリップ力に不安を感じるようになった。
進入時、加速時のグリップ力にちょっと不満。

« 2011/5/4 トミンモーターランド:YZF-R6 (オイル交換実施) | トップページ | 2011/5/13 トミンモーターランド:YZF-R6 »

コメント

お久しぶりです^^、難儀しているようですが元気そうでなによりです。
今日私も午後から走ってきました(トミン)赤GSFの大将も来ていて、天気こそ曇りだったけど、そこそこ暖かい日だったので、ぼちぼち走ること出来ました、犠牲者は初心者??のレプソル1000RRが2コーナーでハイサイド全身打撲(軽度)で体はすんだがカウルは全損だな^^;;、、。

フォームの写真見ました、いかにも走りこんだ写真は迫力があってよいですね^^。
最近見ていて、感じるのはマシンと人間のウエイトの入れ替えが、ちぐはぐな感じかな?先日のモトジーピーの予選で、同一コーナーで各車アタック中転倒!!、で、原因はコースの高低差が原因で、リアに荷重が移りきる前に加速して結果トラクション不足から転倒、、。
っといった具合に、最近自分も注意している(1000と600はちょっと、違うかもしれないけど)のはぐっとぶれーきかけながら新入して奥で、なるべくクルット旋回、ここからが重要でクルット向きが変わる際に後輪もしくはお尻に遠心力を感じ取り、どすっとシートとステップに荷重するタイミングに、きっちり合わせてアクセルオン!そうするとリアさすが沈みタイヤがたわんだ状態で加速するので、よほどのことがない限りすべりません(多分??^^)。。
おそらくですまないけど、せっかくリアサスペンションがアプローチから初期旋回で沈んでいるのにワンテンポリズムずれでアクセル開けるから滑るうえに不安定なのだと思う、。

重要なのはあけるタイミングよりも荷重したときにテンポよくアクセルを合わせるリズム感のほうが重要だと思う、もちろんあけるタイミングのはやい遅いも重要だけど、それはリズムテンポが馴染んできて、タイムを削るときに頑張ればよいかなと思います、、、。

っと、ずらずらと書いてしまったが、いま自分もリズムの取り方研究中です^^;、びたっとはまると6秒前半、焦ってアクセルまわすと7秒前半、問題なのは意図的にリズムが取れず、自分の中では6秒は偶然タイムであり、今はまだシート&ステップ荷重を遠心力とシンクロさせリズムテンポよくアクセル!の完成形態が欲しいのが理想だと思うし、お互いの悩みだとおもう^^。

リアサスペンションをかたくしたり、軟くしたりも良いけど、どうすりゃ旋回後半、サス沈むかな?っと、上の、わたしの結果も参考して(人それぞれだから、間違っていたらゴメン、、。)より塩梅の良い立ち上がりを見つけてください。

安心イコールはやい、。
不安イコールおそい、。。スリップ転倒。

追伸^^。
フルブレーキングで進入しているとき、なるべくシート後方に乗るのが良いと言われることを耳にすると思いますが、そこが肝心です。

ようはクリップ頂点で2輪がそろって横ジーをバシッと受けるイメージで進入しなくてはアプローチの時点で失格?です、感覚的にはスキー場でリフト乗り場直前でズザッと止める感じと同じアプローチ、すると、かくっと向きが瞬時に変わり、ここで初めて後軸に乗った加速が可能な体制となると感じて走っています。

ブイの字に走るというより、台形気味?な感じですね、うまくなると2輪そろっている時間が短くなり、あたかもブイターンのように見えるのも子の走行方法の理解の難しさの一因だとも思います^^;。

まあ、そういった理由もあってホイルベースのながい車両や、重量バランスが後ろ寄りの古いバクなどがヘアピンとうでは、恥ずかしいくらい後ろ乗りに徹する理由でもあります。
最新のスポーツ車はショートホイルベースで前よりの重心なので真ん中に乗っても、バシッと2輪そろえられ場合も多いのですが、意識してやっている人と、なんとなくのひとでは 、雲泥の差が向きかえで出るのもこの理論の特徴でもあります。

まあ、長いスキー板(古い板ですね)身近ファンスキー(いまどきですな^^)におけるキックターンのときの体重のかけ具合の違いをイメージ出来れば、分るかと思います、。
鋭角なターンになればなるほど物理的な合理性が求められるのも勢いだけでは速く走れない原因でもあります。

もっとも25秒を狙うのであればオリンピックの大回転競技(スピードスキーの花形)的なタイミング感覚が求められるのかな?っと思います^^;、ただバイクにはサスペンションといった強力な脚力がサポートしてくれるので、システムを使いこなすことこそが、現実的な目標達成の近道だと思います。

実際には8~9割のペースでコーナーに飛び込み、古ブレーキングで入るときにリアをスライドさせるくらいのつもりでリアシートとステップを踏みこむ感じで進入する感覚で走る感じかな?
ブレーキングが終わる寸前でリア意識では、文字道理、乗り遅れ(ちょっと、かいてて笑えます^^かな?)
での向きかえになりフロントに荷重が残った不完全なリア荷重でスロットオン!危険であり、楽しくない、、。ようはコーナー頂点で見えない壁に前後2輪をバシッとぶつけて、跳ね返る感じがつかめればヘアピン攻略完了と思います。

600は非常にショートで低重心&軽量なので、まとまれば無敵のターンが実現出来ます、^^、自分が知る限りこの領域を手に入れる可能性が一番高いのもKZさんかなっと思うので、ぜひこの領域踏み込んでください、けっしてここは神の領域や生死かけた領域ではないので落ち着いていどめば出来ると信じています^^。(茂木や鈴鹿じゃやばいもんね^^;;、、。。)

ほんじゃコースでお会いしましょう。。

>リラックマCBR1000RRさん
お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

いろいろ具体的に書いていただいたのでとても参考になります。
次回の走行からこの理論で走れる様、新しい領域が見えるように努力していきます。

…と言ってもまだ リラックマCBR1000RRさん が書いている事が理解できているわけではないので
じっくり時間をかけてチャレンジしていきます。


コースでご一緒したときはよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011/5/4 トミンモーターランド:YZF-R6 (オイル交換実施) | トップページ | 2011/5/13 トミンモーターランド:YZF-R6 »