フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011/6/10 トミンモーターランド:YZF-R6 | トップページ | 2011/6/15 トミンモーターランド:YZF-R6(オイル交換実施) »

2011年6月11日 (土)

YZF-R6:タイヤ「Unbeaten-02」感想【自分用メモ】

あくまで僕の感想なので、参考にしないでね。

トミンしか走行していないので高速コーナーでの挙動は不明。
 

α12との比較になります
走行場所はトミンモーターランド。


・新品ですが、剥離剤?油?なんだかわからないけれど新品タイヤについている
 あの滑るやつがほとんどついていませんでした。


●インプレッション
・切れ込み
 急激な切れ込みとかは全く無い。
 普通。自然。

・ウォブル
 全くでていない。
 というよりトミンではスピードレンジが低いので出ないのかな?

・グリップ力は段違い。
 各が違う感じ。ブレーキング時、立ち上がり時共に不安感が無い。

・グニャグニャした感覚。
 コンパウンドがやわらかい所為か今までの感覚だと空気圧が低い感じを受けるが、
 剛性自体は高いようでα12で極端に空気圧を抜いたときにでる
 フロントが暴れるような感じにはならない。
 感覚の違いに戸惑い中

・ラインを選べる
 うまく文章化できないけれどα12では出来なかったラインを取れる。
 曲がりきれないと思ってイン側への加重を強めたら、ゼブラを踏みそうになった。
 自由度が高くなった?
 まだ余裕がある?
 どちらにしてもコーナリングスピードはもっと上げられる。あげるべきかと。
 
・タイヤをつぶす?
 加重をかけると良く曲がる気がするので、つぶして曲がるタイプのタイヤかな?
 
・ライフ
 一時間ほどしか走っていないのでなんともいえないけれど、
 公道用タイヤと比べるとアホみたいに減る。
 想定の範囲内ではあるので、うわさで聞いたほどではないと思っている。
 次走ってどうなるか要チェック。
 
・セッティングは必要。
 ここ最近トミンしか走っていないのでサス、スプロケ共にトミンにあわせてあるので
 問題は出ないと思ったらそうでもなかった。
 リアは今のところ問題は感じない。
 問題はフロント側。
 まずブレーキが利きすぎる。今までより強くかかってしまい、減速しすぎる感じこそは無いけれど
 リリースコントロールがシビアすぎ。
 特に1コーナー侵入時にガクガクする感じが強くなった。
 ブレーキを引きずって入りにくくなって怖い。
 フロントCMP高速側を4分の1くらい強めたら収まって走りやすくなった。
 安定感もまして良い感じに。
 若干硬すぎで動きを抑えすぎている感覚もあるので今後も調整は続けていく。


【感想】
安心感があって扱いやすいタイヤだった。
タイヤのポテンシャルをまだ全然使いこなしていないのでタイムアップが期待できる。
タイヤに不安感がないと集中しやすいのでバイクに乗っていて楽しい。

かなり良いタイヤだと思いました。
ライフしだいではありますが今後も使って行きたい。

« 2011/6/10 トミンモーターランド:YZF-R6 | トップページ | 2011/6/15 トミンモーターランド:YZF-R6(オイル交換実施) »

コメント

リラックマCBR1000RRです^^、先日はお疲れ様でした。
そして、アベレージ復活!おめでとうございました!!

さて、あらためて本題です。

なぜ素早くまがるのか?


その1、
サスペンションが車体の向きを変えてくれるから。
その2、
バイクをたおしこむから。
その3
なんでしょうね^^;;、?


まず、ブレーキングでフロントフォークが沈み、リアのさすが伸びようとしますフロントはフォークばねで踏ん張り、リアサスは伸びがわで、伸びるのをこらえます、
そして進入!フロントは抑え込んだまま進入し旋回開始ポイントを迎え、りあは伸びるのを防ぎ切りほっぴんぐを回避した状態で今度は、遠心力で縮む方向に作業を変えます、その時一瞬ですが前後のサスペンションがそろった状態が発生します、つまりそこが以前に書き込んだ壁にぶつかる感じです、
そのご、フロントフォークは少し伸びる形になり、もちろんその時リアはアクセルオンによって、アンチスクワットが発生しリアを持ち上げるように、伸びてきますその状態が、フロントが、グイッと入る状態を指します^^、あとは伸びようとするアンチすくわっど状態と加速で発生するリアへの荷重のバランスで、スイングアームの位置が適正なら、ウイリーはせずに加速します、ここの部分でのリアコンプレッション、と旋回開始の時のコンプレっしょんのバランスが難しいとこなんですね^^;;。

結論からいえば、もえるごみさんの今の安定感ならリアのサスストロークを確認しながら圧力がわを(速い方)固めると向きかえが、さらに鋭くなるかな?っとも思います、。
最後にリアタイヤを見せてもらったけど、センターよりの減り方だったので、多分だけど、倒している割にはまがっていない可能性があります(十分曲がっているが、まだまだ、えげつないくらいまがるような、、、^^気がする^^;)

最後に。。

非常に楽しそうですた(年明けから何回か見てたけど、行き詰まりてきな雰囲気だったもんね^^;)
フォームも、肩に力も入っていなくて、写真撮ったら絵になるフォームだったですよ、何より減速旋回加速の各パートが、見てわかるくらいメリハリがあり、あとは平均的なブラッシュアップで、目的タイム行けそうですいね!。。^^。

自分もがんばろうっと!!まけないぞ~~!!^^。

>リラックマCBR1000RR さん
どうもお疲れ様でした。

いつもアドバイスありがとうございます。
理論的に書いていただけるのでとても助かっています。


この日の走行を思い返してみると仰るとおり「倒している割にはまがっていない」感じがありました。
タイヤの旋回力、グリップ力によゆうがありもっと高いスピードで曲がれるはずなのにそれができない。
そんな感じでした。
まだタイヤに慣れていないからだと思ってあまり気にしていませんでしたが、
タイヤを公道用からレース用に変えたのだからセッティングがそのままではダメということですよね。
(そもそもフロントはリセッティングしたのにリアはそのままっておかしいかも)
次回の走行はリアのコンプレッション少し強めてみようと思います。
コレで調子がよくなれば、ベスト更新も夢じゃない?

またご一緒した際はよろしくお願いします。 o(_ _)o

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011/6/10 トミンモーターランド:YZF-R6 | トップページ | 2011/6/15 トミンモーターランド:YZF-R6(オイル交換実施) »